注意欠陥多動性障害


注意欠陥多動性障害(ちゅういけっかんたどうせいしょうがい)とは、「不注意(集中することができない)」「多動・多弁(じっとしていることができない)」「衝動的な行動(後先を考えずに行動してしまう)」などの特徴がみられる発達障害のことです。

ADHD(Attention-Deficit Hyperactivity Disorder)とも。

注意欠陥多動性障害の症状は、多くは7歳に達する前にみられるようになります。多動や不注意といった行動は小学生から中学生にかけてみられますが、思春期以降はこういった症状がわかりにくくなるともいわれています。

1件のコメント

  1. ピンバック: ADHD | ドリームケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA