吃音


吃音(きつおん・英:Stuttering)とは、音の繰り返し、ひき伸ばし、言葉を出せずに間があいてしまうなど、一般に「どもる」と言われる話し方の障害です。

幼児・児童期に症状が現れるタイプ(発達性吃音)がほとんどで、大半は自然に症状が消失したり軽くなります。

いっぽう青年・成人期まで持続したり、青年期から目立つようになる人や、自分の名前が言えなかったり、電話で話せなくて悩んでいるケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA