アスペルガー症候群


アスペルガー症候群とは、広い意味での「自閉症」の一つです。

特徴としてコミュニケーション、対人関係・社会性の障害や、パターン化した行動、興味・関心のかたよりといった症状がみられます。

自閉症とは異なって幼児期に言葉の発達の遅れが見られません。そのため障害があることがわかりづらい傾向にあります。しかし成長とともにさまざまな不都合が多くなってきて、診断されることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA